Menu

資産評価で相続分を増やす

資産評価の基準は3つある

  • 固定資産税評価
  • 路線価
  • 実勢評価

固定資産税評価とは、各市町村が固定資産税を徴収するために決めた評価額です。
路線価とは、国土庁が相続税を徴収するために決めた評価額です。
実勢価格とは、実際に取引されている土地の価格です。
地域による違いはありますが、路線価は固定資産税評価の約1.5倍、実勢価格は固定資産税評価の約2~3倍になります。

弁護士は実勢価格を基準にする

固定資産税や路線価を使って遺産相続をするように言いくるめられてしまう場合があります。そんなときは、弁護士に相談してください。弁護士は、実勢価格を使って相続分を決めるので、相続分を増やすことがでます。
相続・遺産分割は非常に複雑でわかりにくいものです。まだ、疑問の残る方、具体的な事件については、電話でご相談ください。このページでは説明し切れなかった部分についても、弁護士が相談に応じます。