Menu

隠し財産を見つけて相続分を増やす

本当によくある隠し財産

遺産相続のときに、財産を隠されてしまうことがよくあります。亡くなった人が生前に持っていた株券、銀行預金、生命保険などをこっそり自分の懐にいれてしまう人がいるのです。当然違法な行為ですが、現実によくある話です。
隠された財産は、遺産相続によって分配されることがないので、隠した人に独り占めされてしまいます。

弁護士に依頼すると

弁護士に依頼すれば、隠し財産を洗い出すことができます。弁護士だけに認められている照会請求という方法で、亡くなった人の財産を明らかにすることができるからです。また、調停などで相手方に開示させることもできます。