Menu

寄与分で相続分を増やす

特別受益をどう算定するかで、相続分が大きく変わります。 弁護士は特別受益を依頼者に有利に算定するので、相続分が増えるのです。
寄与分とは
寄与分とは、生前に特別に貢献することです。相続分を決めるときには、寄与分を除外して計算します。特別受益の正反対と考えてください。

寄与分の具体例

たとえば、二人兄弟の長男だけが実家に残り家業を支えたとします。その後、両親が亡くなり、遺産相続になりました。両親が残した相続財産は3000万円でした。

このとき、二人の兄弟が、おなじ1,500万円ずつ相続するというのは不公平です。長男は実家に残って約1,000万円分の貢献をしたのに、次男は実家を離れて何も貢献をしなかったからです。

正しい遺産分割では、長男の貢献分を相続財産から引いて計算しなおします。この場合、本当の相続財産は、3,000万円-1,000万円=2,000万円となります。これを兄弟の二人で分けて、1,000万円ずつになります。長男はこの1,000万円に貢献分の1,000万円を足した2,000万円をもらえます。次男がもらえるのは1,000万円だけになります。