Menu

借地人は更新料を支払わなければいけないのでしょうか?

借地契約に、契約更新の際には借主が地主に対して更新料を支払わなければならない、という条文が入っていることがあります。また、借地契約を更新する際に、地主が借主に対して更新料を要求するケースも珍しくありません。これらの場合、果して、借主は、更新料を支払わなければならないのでしょうか。

借地借家法に更新料を定めた規定はありません。つまり、契約書次第です。

実は、借地借家法上、更新料について定めた規定はありません。そこで、契約書に更新料の記載がないのに、地主から更新料を請求された場合には、借主は、更新料の支払いを拒むことができます。では、契約書に更新料の定めがある場合はどうでしょうか。

この場合は、契約の特約として更新料の定めは有効となり、借主は更新料を支払う義務があるとされるのが一般的です。しかし、更新料の金額が大きすぎる場合などには、更新料の減額を求めることも考えられます。詳しくは弁護士にご相談下さい。

借地の更新料の相場は、3%~10%

では、借地の更新料の相場はどのくらいなのでしょうか。借地の更新料について定型的な計算式があるわけではありませんが、一般的には、借地価格の3パーセント~10パーセントくらいが相場と言われています。借地の更新料の支払いや金額についてお悩みの場合には、専門家である弁護士にぜひご相談下さい