Menu

借地料の相場を調べたい場合

借地料の決められ方

借地料とは、地代のことですが、これは固定資産税などの税金に、必要経費を含めた地主の取り分を足した額として決められることが一般的です。

借地料の相場の調べ方

では、実際に借地料の相場を調べるにはどうすればよいのでしょうか。上記のように、借地料というものは、固定資産税をひとつの計算の基礎としています。したがって、まずはその土地の固定資産税の額を調べることからスタートすることになります。

土地には、固定資産税評価証明書というものがありまして、これは土地の持ち主(貸主、地主)の承諾がない場合でも、必要書類を持参して市役所で相談すれば手に入れることができます。必要書類は市役所によって異なりますので、事前に電話などで確認しておくのがよいでしょう。

評価証明書を手に入れましたら、評価証明書には固定資産税や都市計画税についての記載があるはずです。その金額の2倍から4倍が、地代の年額の最低水準であるとされています。(あまりに低い値段ですと、賃貸借ではなく、使用貸借といって実質的に無料かそれに近い値段で貸借しているという法律上の類型になってしまい、とても弱い権利になってしまいます。)

また、不当な値段であると現在感じておられる場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

これらのケースには、借主は相当と思われる金額を供託しないと権利保金になりません。また、正当な地代がいくらであるかは借地非訟という別の裁判で決めることになります。

地代の上昇と借地非訟

地代が上昇しているのに対して、現在の価格が安すぎるなどの理由で増額請求され、支払い拒否に発展し、解除などの事態になることがあります。

そのような場合は、弁護士にご相談下さい。平間法律事務所では無料の電話相談を承っておりますので、お困りの際はご利用下さい。