Menu

権利金とは

権利金とはなにか?

権利金という名称は、色々な意味で使われることがあり、その法的性質も多岐に渡ります。権利金はなんらかの権利設定や、権利変動(借地権、借家権の設定、譲渡、更新など)のときに、その利益供与の対価として授受されます。「礼金」と呼ばれるものも、これの一つです。

これに類するものとして、「敷金」「保証金」があります。ただ、この敷金、保証金は地代や賃料の不払い、損害賠償などに備えて貸主が借主から担保として取っておくもので、権利金が利益の供与の対価としてなされるものである点で明らかに異なっています。
(一般に居住用の賃貸には敷金、事務所などの賃貸には保証金と言います。)

権利金は返却されるか?

では、権利金は果たして返ってくるのでしょうか?

上記の敷金、保証金は賃料などの支払いの担保のために貸主に預けておくものですから、不履行が無ければ契約の終了時に返されるものです。

これに対して権利金は、一般的に返されないものとされています。それは、何らかの権利設定や、権利譲渡に伴って支払われるものですから、契約が終了してからも、貸主は返還する必要が無いのです。

例外的な場合

さて、原則として貸主は借主に権利金を返還する必要性はないとして、例外はあるのでしょうか。

貸主が借主に権利金を返還しなければいけない場合も存在します。

たとえば、賃貸借の期間がいつからいつまでと決められて設定されている場合で、その期間の途中で契約が終了してしまった場合
同じく期間を定めて契約が更新され、更新料が払われたのに、期間の途中で契約を合意解除した場合
以上の場合などに返還が認められる可能性があります。実際に返還されるかどうか、返還される額がどれくらいかなど、具体的事情によりますから、あきらめずに、弁護士に相談してみましょう。