Menu

転貸借契約書に載せるべき内容と書き方

転貸借契約書はどのように書くのでしょうか?今回は、転貸借契約書に最低限必要な知識をご紹介いたします。http://bengoshi-shakchi.com/guide/転貸借契約書-0068/

転貸借契約書の一般的記載事項

1.契約概要

転貸人(賃借人)と転借人の間で締結することを記載。

2.承諾

建物所有者の承諾が、転貸借の前提であることを記載。

3.目的

居住用なのか事務所なのか、使用目的を契約概要に記載。

4.期間

転貸借期間を記載。

5.転貸料など

転借人が負担する転貸料・敷金・その他費用を記載。

6.義務

転借人の義務を記載。禁止事項も併記すべきでしょう。

7.契約解除

契約解除事由を例示するなどして記載。

8.明渡し、原状回復

これも特に定めたい場合は記載。

9.協議事項

(あくまで協議事項があればの話ですが)協議事項についても記載しておきます。

10.管轄

管轄裁判所についても記載する場合があります。

実際に転貸借契約書を作成する際は

実際に転貸借契約書を作成する際は、上記のような転貸借契約書に加え、転貸借承諾に関する書類も合わせて作成することが一般的です。スムーズな契約締結を実現するために、一度専門知識をもつ弁護士に相談しておきましょう。