Menu

借地借家法とは? 土地を借りるときに知っておきたい2つの特約

土地を借りるときに知っておきたいポイントとしては、いくつかありますが、まず土地を借りるにも借地借家法が適用されるものと、そうでないものがあるということを知って頂けたらと思います。

借地借家法とは?

借地借家法は、1992年にできた法律で、基本的に建物所有目的で土地を借りる場合には適用されます。この法律が適用される以上、特別な類型の借地権設定をしない限りは、借主に不利な特約が排除される可能性があり、これを知っておくだけでも不当な貸主の主張を退けられます。

更新拒絶の特約

排除される特約としては、まず、更新拒絶の特約が挙げられます。契約期間が終了するときに、借主が契約更新を希望する場合でも、更新を拒むことができるという特約です。しかし、これは借主に不利な特約であり排除することができます。

建物買取請求権放棄の特約

土地を借りる契約をし、土地の上に建物を建てた場合は、契約終了時にその建物を買取ってもらうことができます。これを禁止する特約を定められた場合も、同様に借主にとって不利なものであるので、排除することができます。

このように、土地を借りる場合は知っておくと得するポイントがいくつかございます。土地を借りる際は将来を見越して、トラブルのない契約をすることが大切です。お困りの場合平間法律事務所までご相談ください。