Menu

賃借権は数千万円で売れることも。借地権の相場と売却方法

知られていない賃借権の価値

賃借権は数千万円で売れることもあります。しかし、賃借権の価値を知らない人もいらっしゃいます。以下では、賃借権絡みの法律問題で損をしないための3つの知識をご説明します。

  • 賃借権とは何か
  • 賃借権の価値はどのようにして決まるのか
  • 土地賃借権はどのようにして売るのか

賃借権とは何か

賃借権とは、物を借りる権利です。賃借権は大きく3つに分類することができます。

  • 建物を建てるために土地を借りる権利(建物所有目的の土地賃借権)
  • 建物を借りる権利(建物賃借権)
  • 土地建物以外の物を借りる権利や建物所有目的以外の土地賃借権

賃借権の価値はどのようにして決まるのか

賃借権の価値は賃借権の種類によって異なります。一般的には以下のような順で価値が高いといえます。

建物所有目的の土地賃借権>建物賃借権>土地建物以外の物を借りる権利や建物所有目的以外の土地賃借権

ここからは、最も価値の高い建物所有目的の土地賃借権について解説します。なお、建物賃借権については、建物賃借権の解説サイトをご覧ください。

建物所有目的の土地賃借権の価値は土地の価格の何割という形で決まります。これを数式で表すと以下のようになります。

建物所有目的の土地賃借権=土地の価格×借地権割合

たとえば、土地の価格が1億円で、借地権割合が5割であれば、建物所有目的の土地賃借権は5,000万円ということになります。このように、建物所有目的の土地賃借権はときには土地に匹敵するくらいの価値があるのです。

土地賃借権はどのようにして売るのか

土地賃借権は地主に売る方法と第三者に売る方法があります。

しかし、土地賃借権の売買は単なる土地の売買とは違います。場合によっては、借地非訟という裁判所での手続きを利用することにもなります。したがって、一般の不動産業者では手に負えないこともあります。

なお、平間法律事務所では、土地賃借権の売買を扱っている大手不動産販売業者と継続的な関係があります。そのため、売買に関して具体的かつ的確なアドバイスを行うことが可能です。

土地賃借権についてより詳しくお知りになりたいという方は、無料の電話法律相談をご利用ください。