Menu

権利金とは?権利金は税務上償却できるのか?

権利金とは

権利金とは、不動産の賃貸借契約を締結する場合に、賃借人から賃貸人に対して、一時金として支払われるものです。これは法的に根拠があるものではなく、あくまで当事者間の契約によりますが、慣習として事業用建物の賃貸借などの場合は権利金が設定される事が多いようです。

権利金は敷金等と違って、賃貸人から賃借人に対して、賃貸借契約終了時に返還されることは基本的にありません。

権利金は税務上償却できるか

権利金の償却が行われるかについては、国税庁のHPで詳しく解説がされています。

一部を抜粋しますと、「法人が建物を賃借するために支払った権利金、立退料などの費用で支出の効果がその支出の日以後1年以上に及ぶものは繰延資産となり」、繰延資産となる権利金等の償却期間は以下のようになります。

(1) 建物の新築に際して支払った権利金などで、その金額が建物の賃借部分の建設費の大部分に相当し、かつ、その建物が存続する間は賃借できる場合
→その建物の耐用年数の10分の7に相当する年数

(2) 建物の賃借に際して支払った上記(1)以外の権利金などで、契約や慣習などによって、明渡しの時に借家権として転売できることになっている場合
→その建物の賃借後の見積残存耐用年数の10分の7に相当する年数

(3) (1)及び(2)以外の権利金などの場合
→5年

ただし、契約による賃借期間が5年未満の場合で、契約を更新するときには再び権利金などの支払をすることが明らかであるときは、その賃借期間となります。 」となっています。詳しくは以下のURLをご覧ください。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5460.htm