Menu

土地一時使用賃貸借契約書の書き方

土地一時使用賃貸借とは

土地の賃貸借の場合には、普通の賃貸借の場合と、一時使用のための賃貸借にわかれます。一時使用のために土地を賃貸借することを、土地一時使用賃貸借といいます。

では、一時使用とはいったいどのようなものなのでしょうか。これについて、明確に法律で定められているわけではありませんが、一般的には建物の強固さ、使用目的、契約期間、その他契約の事情一切を考慮して考えられます。

コンクリート造りの強固な建物であっても、それがすぐに取り壊される予定である場合や、プレハブのような建物であっても、それが長期にわたって使われる場合などもありますので、一切の事情を考慮することになっています。

ですから、何よりも、契約の時点でその土地を一時使用のために賃貸するということをはっきりさせておく必要があるのです。

土地一時使用賃貸借契約書は”一時使用賃借”と認定されるかが鍵

一時使用目的であるということを何よりもまずはっきり書いておく必要があることは当然です。

しかし、あくまで一時使用目的というのは総合的に判断されるのは上に述べた取りですので、契約書に「一時使用目的とする。」と記載したから一時使用目的になるというわけではありません。半年間だけ一時使用目的で貸すとしても、居住用に使われることが決まっている場合などは、借地借家法にいう一時使用目的とは判断されず、契約期間の定めがないものとみなされる可能性があります。

土地一時使用賃貸借契約書を作成する場合にはどうすれば一時使用貸借と認定されることになるか、弁護士などのチェックを受けておきましょう。