Menu

相談した方がいい借地権のトラブルのパターンとは?

そもそも借地権とは

借地権とは、建物の所有を目的とする地上権または土地の賃借権をいいます。これは、借地借家法の2条1項に書かれています。

相談が必要な借地権のトラブル

実際に相談が必要な借地権にまつわるトラブルには様々なものがあります。

(1) 借地料に関するトラブル

たとえば、借地料に関するトラブルが考えられます。借地料とは地代のことですが、これは固定資産税などの税金に、必要経費と地主の報酬を足した額として決められることが一般的です。そして借地料を上げたいと地主が主張してきたときにトラブルになります。

(2) 借り主が相続する際のトラブル

また、相続に関しても借地権トラブルは起こり得ます。たとえば親が亡くなった場合に、兄弟で借地権を共同で相続するということも可能です。ただし、これはその兄弟の代ではそれでよいかもしれませんが、次の世代ではその兄弟の子ども、つまり孫世代がさらにその借地権を相続することになります。そのため、相続人が増えるという事態になり、そうなると非常にトラブルになりやすいといえます。

(3) 貸し主に相続が発生した際のトラブル

反対に、貸主側に相続が発生した場合にも、相続税支払のために借地にしている土地を売却したいということになり、土地の明渡を求められ、トラブルになることも多々あります。

借地権のトラブルは平間法律事務所にお任せ下さい

このようなトラブルに対面した場合は、借地人と地主、または相続人の間の関係を不必要にこじれさせないためにも、弁護士に相談することをおすすめします。