<賃借人>借主が法律で守られないことも 借地人・使用借人との区別とは?

賃借人(ちんしゃくにん)は賃料を払って借りている人

賃借人とは、賃料を支払って借りている人のことをいいます。「賃」料を支払って「借」りている「人」なので、「賃借人」というのです。

これに対して、賃貸人とは賃料を受け取って貸している人のことをいいます。

賃借人と使用借人は賃料に違い 借地人は賃借人の一部

賃借人と似ているけれども、意味が違う用語には以下のようなものがあります。

使用借人(しようしゃくにん)

使用借人とは、無料で借りている人のことをいいます。法律では、無料の貸し借りのことを使用貸借と呼んでいます。「使用」貸借で「借」りている「人」だから使用借人というのです。

固定資産税の支払いだけでは賃借人ではなく使用借人となります。

借地人(しゃくちにん)

借地人とは、土地の賃借人です。借地人ではなく借地権者と呼ぶこともあります。

借地人・賃借人・使用借人の順に法律で守られている

賃借人と使用借人と借地人の違いは、どの程度法律で保護されるかという点です。

法律の保護が強い順に並べると

借地人>賃借人>使用借人

という順になります。

たとえば、借地人は最低30年土地を借りることができると保障されています。一方、賃借人は最低期間の保障はありませんが、死亡しても相続人が賃借人の地位を引き継ぐことができます。

対して、使用借人は最低期間の保障もなく、また、死亡すると相続人は使用借人の地位を引き継ぐことはできません。

まずは自分が借地人・賃借人・使用借人どれにあたるか確認

このように、借地人か賃借人か使用借人で法律関係に違いがでてきます。そこで、賃貸等に関するご相談の際には、まず、依頼者様が借地人なのか賃借人なのか、それとも使用借人なのかを判断させていただきます。賃貸等でお困りの方は是非無料の電話法律相談をご利用ください。

この記事を書いた人

平間法律事務所