権利金払いすぎではないですか? 適正な金額・取り戻す方法・借地権価格との関係も解説

土地を借りる際に要求される権利金。高額だけど、そんなものかと思って支払おうとしているところではありませんか?または、もう支払ってしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まだ、お支払いの済んでいない方は、まだ引き返せるかもしれません。もう支払ってしまったという方も、払いすぎた分を取り戻す方法も考えられます。

以下では、適正な権利金の金額や支払ってしまった権利金の取り戻し方をご説明します。

権利金の適正な金額の目安は借地権価格

適正な権利金の金額は、ずばりいくらと断定することはできませんが、目安となる金額というのはあります。その目安というのは、借地権価格です。

借地権価格は土地の価格×借地権割合で求める

借地権価格とは何でしょうか?借地権というのは、土地を借りる権利です。土地を借りる権利は第三者に売ることもできます。この第三者に売るときの価格は、土地の価格に借地権割合という係数を掛けたものになります。この価格が、借地権価格なのです。

すなわち、以下のようになります。

借地権価格=土地の価格×借地権割合

たとえば、土地の価格が1億円で、借地権割合が3割であれば、借地権価格は3000万円ということになります。

権利金が借地権価格より高いのは適正でないかも

権利金の金額と借地権価格を比較して、権利金の金額の方が高いという場合には、権利金の金額が不相当かもしれません。

とはいっても、適正な権利金の金額は地代の額などによっても変わってきます。ご自身のケースで適正な権利金の金額がいくらかお知りになりたい、弁護士にご相談ください。

高すぎる権利金は立退料として取り戻す

支払ってしまった権利金を直接的に取り戻すというのは難しいです。しかし、立ち退きの際の立退料として、払いすぎた権利金を実質的に取り戻すことが可能な場合があります。

その場合、交渉次第で取り戻せる権利金の額が変わってきます。また、ケースによっては、裁判所の手続きを利用することになります。詳しくは無料の電話法律相談をご利用ください。

この記事を書いた人

平間法律事務所