宅地は特例を使って財産評価を大幅に下げる! 相続税を軽減する方法

財産評価次第で相続税は数十パーセント軽減することができます。財産評価による相続税の軽減は様々な方法があります。その中で、特に劇的な効果がある小規模宅地の特例をご紹介します。

小規模宅地の特例で宅地の評価額を大幅に減らせる

小規模宅地の特例は、一定の条件に該当する宅地について、財産評価を50パーセントから80パーセント下げることができるという特例です。財産評価が下がれば、それに応じて相続税も軽減されることになります。

小規模宅地の特例を受けるには相続人が相続人が相続する必要 期限もある

小規模宅地の特例を受けるためには、遺産分割で特定の相続人が土地を相続する必要がある場合があります。

また、相続税申告期限後3年以内に遺産分割がなされる必要があります。したがって、遺産分割に争いがある場合には、弁護士に依頼する等して、迅速に遺産分割を進めることをおすすめします。

小規模宅地の特例を最大限利用するには専門家への相談を

小規模宅地の特例の対象となる土地が複数ある場合には、どの土地に特例を適用するかで相続税の額が変わる場合があります。

また、どの順序で特例を適用するかによって、相続税の額が変わる場合があります。

個々のケースに応じて変わってくるので、詳しくは税理士にご相談ください。なお、平間法律事務所の所長平間邦男は税理士兼弁護士です。無料の電話法律相談を承っております。ご利用ください。

この記事を書いた人

平間法律事務所