Menu

旧法借地権とは

旧法 (旧借地法) と 新法 (借地借家法)

借地権については、基本的に「借地借家法」が適用されます。

しかし、この「借地借家法」という法律は、後からできたものです。法律の世界では、基本的に、ある法律が効力を持ち始めたとき(一般的に、国会による審議を経て公布され、さらに施行されたときです)より前に起こった事態には、新しい法律を適用できません。

(法律不遡及の原則)

旧法借地権は1992年8月施行された

「借地借家法」もその例外ではありません。「借地借家法」という法律は、1992年(平成4年)の8月1日に施行されました。ということは、1992年8月1日以前に発生し、存続している借地権には、それまであった法律が適用されるということです。

このような借地権は旧借地権と呼ばれ、「借地借家法」という法律より前に存在した「借地法」が引き続き適用されます。

(「借地法」自体は、現在では廃止されています。あくまで、特例的な処置ということですね。)

旧借地法が適用される土地は少なくない

しかし、特例的な処置といっても、土地というものは昔からあるものですから、実際には1992年以前に発生した借地権はありふれています。つまり、現在でも「借地借家法」ではなく、「借地法」が適用されるようなケースはたくさんあるということです。

適用される法律が違えば結論も違ってくる可能性がありますので、まずは弁護士に相談してみることがおすすめです。
(実際、借地権の更新期間など重要な規定について差があります)