<固定資産評価基準>土地や家屋の評価方法は? 相続対策で事前に確認しよう!

固定資産評価基準 不動産の価値の評価方法の基準

固定資産評価基準とは、固定資産税法上、土地や家屋といった固定資産を評価する際の課税標準となるものです。国が定めた、この固定資産評価基準に基づいて、固定資産税評価額が決定されます。なぜこのような基準が必要かというと、現金や預金の残高に比べて、土地や家屋といった固定資産を評価することが、困難であるからです。さらに、その固定資産などの評価にばらつきが生じてしまうことも懸念されます。

固定資産税評価額 税金の観点から見た不動産の価値

固定資産評価基準に基づいて土地や家屋の評価がされ、固定資産税評価額が出されます。この固定資産税評価額は、固定資産税や都市計画税、不動産取得税や登録免許税などの基準としても用いられます。固定資産評価基準による土地や家屋の評価(固定資産税評価額)については、3年ごとの基準年度が設けられ、基準年度において評価替えが行われます。そして、この価格は原則3年間据え置かれます。

固定資産税評価額は役場で確認 相続の際には固定資産評価証明書が必要

また、この土地や家屋の価格は固定資産課税台帳に登録されています。ですので、土地や家屋の固定資産税評価額を調べたい場合は、市町村の役場において閲覧することができます。なお、相続や売買などで不動産の名義変更をする場合は、添付書類として固定資産評価証明書を発行してもらう必要があります。

この記事を書いた人

平間法律事務所