<法定相続人>遺言がない場合に相続できる人は法律で決められている!

法定相続人 遺言がない場合の相続人の範囲は法律で決められている

法定相続人とは、法律で相続人になるとされている人を言います。遺言がない場合には、法定相続人が財産を相続することになります。法定相続人の範囲は民法で決められています。

妻・夫は必ず法定相続人になります。なお、事実上の婚姻関係にあるけれども籍を入れていない内縁の妻・夫は、法定相続人ではありません。

子、孫、ひ孫…も必ず法定相続人になります。これらの子、孫、ひ孫…は第1順位の法定相続人と言います。

父母、祖父母、曾祖父母…は第1順位の法定相続人がいない場合に法定相続人になります。父母、祖父母、曾祖父母…は第2順位の法定相続人と言います。

兄弟、おい・めいは第1順位と第2順位の法定相続人がいない場合に法定相続人になります。兄弟、おい・めいは第3順位の法定相続人といいます。

法定相続人の範囲が広いことで相続争いになりやすい 遠戚が登場したら早めの相談を

このように、法定相続人の範囲は一般の方の予想よりも広い範囲です。そのため、「なんであの人まで法定相続人になるのか」と感じる方もいらして、トラブルが起こりがちです。

そこで、特に遠い関係にある人の遺産相続の場合には、相続争いで親戚関係がこじれないように、早めに弁護士にご相談されることをおすすめします。

まずはお気軽にお電話ください。無料で法律相談をお受け致します。

この記事を書いた人

平間法律事務所

平間法律事務所

30年間、「借地借家」や「相続」に関するあらゆるトラブルを解決してまいりました。「弁護士業は究極のサービス業」をモットーに、依頼者に寄り添う法律事務所として、日々業務を行っています。
年中無休の無料電話相談を受付中ですので、まずはお気軽にお電話ください。

無料電話法律相談

借地・借家や相続に関するトラブルの
解決の第一歩になります。
お気軽にお電話ください。

発信してから接続まで数秒かかることがありますがご了承ください。