遺産整理では遺産分割・名義変更・相続税申告をする! それぞれの勘所を知ろう

遺産整理ですることは大きく分けて3つあります。

遺産分割
名義の変更
遺産相続税の申告
以下、それぞれの注意点についてご説明します。

遺産分割は丁寧に 自分の取り分が少なくならないように

遺産分割は、遺産相続人が複数いる場合に必要となる遺産整理手続きです。争いがある場合は、弁護士に依頼された方が安心です。

また、一見、争いがないように見える場合でも、遺産相続人の間に抜け目のない人がいるときは、うまいこと言いくるめられて損をするという事例もあります。

名義の変更には遺産分割協議書などが必要 争いの前から対策を

名義の変更は、不動産や株式などの名義を登録しておく財産がある場合に必要となる遺産整理手続きです。

名義の変更自体は、一般の方がご自身で行うことも十分に可能です。しかし、手続きが面倒だと思う方は、弁護士や司法書士といった登記の専門家に依頼されるのも手でしょう。

また、遺産相続人の間で争いがある場合には、他の遺産相続人が自分の名義にして売ってしまうという事例もあります。そのような事例では、弁護士に依頼すれば、仮処分を行って遺産が売られてしまうのを防ぐこともできます。

遺産相続税の申告 期限内に申告しないと税金が高くなる

遺産相続税の申告期限は10ヶ月以内と決まっています。遺産申告税の申告期限に間に合わないと無申告加算税も課せられてしまいます。

また、遺産相続税は申告の仕方次第で、遺産相続税の額も変わってきます。遺産相続税を減らしたい方は、税理士に相談されることをおすすめします。

なお、平間法律事務所の弁護士平間邦男は税理士でもあります。平間法律事務所では、遺産分割、名義の変更、遺産相続税の申告の遺産整理手続き全てを見通したサービスを提供しております。お困りの際はお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事を書いた人

平間法律事務所