立退料はいくら? 相場より高い立退き料を得るためにすべきこと

土地の立退きの際には、立退き料をもらえる場合があります。立退き料には一応相場はあります。しかし、交渉によっては立退き料を高めることができます。

立退料の目安は土地の価格に路線価図を使った借地権割合を掛けたもの

立退料の相場は、土地の価格に借地権割合を掛けたものが一応の目安になります。土地の価格は不動業者などで見積もりを取ると適正な価格がわかります。借地権割合というのは、国税局が出している路線価図というものに乗っています。

たとえば、5000万円の土地で、借地権割合が4割ですと、2000万円の立退き料が一応の目安になります。

立退料は営業補償、引越費用などの要因で高くなる

以上の立退料の目安はあくまで目安にすぎません。ケースによっては、以下のような要因があると、立退料が高くなります。

・その土地の上で何らかの営業を行っている場合に、引越期間中、営業ができなくなることによる営業補償

・建物の価格

・引越費用

・顧客等に移転の通知をするためにかかる費用

立退料を高める交渉には経験に裏付けられたテクニックが必要

立退料が高くなる要因はなくても、立退料を高める交渉テクニックというものがあります。

たとえば、地主がビル建設を予定していたりして、早く立退いてほしいと思っている場合には、早期に立退く代わりに立退料を高くするように交渉することもできます。

このような交渉テクニックは、ケースによって異なります。また、地主の利害関係や思惑を見極めた上で、交渉を進めることになります。したがって、交渉経験の豊富な弁護士に依頼されることをおすすめします。

この記事を書いた人

平間法律事務所