【横浜】遺言と法定相続分の関係とは? 紙に書いてあれば遺言は全て有効?

当法律事務所は普段から相続、離婚、借地の問題を取り扱っており、その中で培った豊富な知識と経験から遺言のお悩みに最適の解決策をご提示いたします。当法律事務所は東京都にございますが横浜市にお住まいのあなたの遺言に関する疑問にもお答えいたします。

遺言があるかどうかは相続で重要

遺言がない相続ですと、法定相続というものが民法に定められていますから各々の事情は関係なしに画一的にこの法律が適用されます。遺言がある相続ですと、これは被相続人(死亡して財産を遺す人)の最終的な意思決定とみなされますので法定相続に優先して遺言が適用されます。

遺言は有効なものか 法律の要件を確認

このように相続に関して重要な役割を果たす遺言ですから気軽に書いて放置してあったメモ書きを遺言としてしまうことはできません。法律でしっかりと定められた要件を充たして初めて遺言として認められるのです。

有効な遺言でも全部その通りに相続しなければいけないわけではない

ただし有効な遺言でもある程度は制限を受けることもあります。そして、遺言については、民法960条以下に規定されています。しかし、こういった手続きや要件に関して疑問があるなら弁護士にたずねてみるとよいでしょう。

この記事を書いた人

平間法律事務所