相続税対策には税の計算方法を知ろう! 土地の評価額はいくらになる?

相続税の計算はまず財産評価から

相続や遺贈といったことが発生すると、同時に相続税についても考えなければなりません。それでは、相続税はいったいどのように計算されるのでしょうか。

現実として、相続などは人生において頻繁に経験することではありませんので、相続税の計算方法といったことについても、知識を身につける機会がなかなか無いと思われます。そこで、ここでは相続税の計算方法について簡単に解説します。

財産にはいろいろな種類があります。例えば、現金や預貯金、土地、骨董品からゴルフ会員権といったものまでさまざまです。

土地や物は国税庁の通達で計算方法が決められている

現金のようにすぐに金額として計算できるものはあまり問題ありませんが、土地や物品はそういう訳にはいきません。

そこで、国税庁によって定められた財産評価基本通達を基に、財産を評価した上でそれぞれの相続税の計算方法によって税額を算出します。不動産や金融資産は、相続税の計算方法がどのようになっているのか、といったことを勉強したり、専門家に相談することが相続対策にも繋がります。

実際に特例として相続税額が大きく軽減される制度などもありますので、相続税や相続に関して疑問がありましたら、ぜひ専門家である弁護士にご相談下さい。

この記事を書いた人

平間法律事務所