名義変更などの遺産相続の委任状の書き方 面倒だから白紙でもいい?

不動産や車などは名義変更は代理人に任せることができる

預貯金や現金以外の、不動産や車などの遺産相続をした場合、不動産や車については被相続人から相続人へと名義変更をすることが必要です。名義変更をきちんとしておかないと、後々紛争が生じることもありますから、名義変更は大切です。遺産相続の手続きの名義変更や、書類の取り寄せなどをすべて自分でするのが大変な場合には、代理人に代わりにしてもらうこととなります。

代理人に任せる場合にはきちんとした委任状が必須

ただし、このように本人ではなく代理人がおこなう場合には委任状が必要となるため、忘れないように作成して持参する必要があります。では、遺産相続の委任状の書き方をご存知ですか。委任状には、特に決まったフォーマットはないことが多いのですが、日付や用件、住所、氏名など大切なことは書かなくてはいけません。白紙委任状にしてしまうと、代理権が濫用されてしまうおそれがあるので、注意しなくてはなりません。遺産相続の委任状の書き方がわからない場合には、専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

委任に限らず遺産相続では法律の知識が多く必要

遺産相続に専門的な知識が必要なことも多いですから、迷ったときはすぐに弁護士に相談しておきましょう。当法律事務所には、知識と経験の豊富な弁護士がおります。ぜひご相談ください。

この記事を書いた人

平間法律事務所