住宅資金の贈与税は相続税より安い? 多くの税金を支払わなくて済むために

相続税と贈与税の悩みは多い

人が亡くなると、相続が開始します。相続には相続税がかかってきます。また、贈与にも贈与税がかかってきます。国を支えるために払わなくてはならない税金とはいえ、払う側からすればなるべくお金をかけたくないというのが本音でしょう。当法律事務所でも、相続税と贈与税でどちらのほうが安くすませられるかという相談をお受けすることがあります。

住宅資金の贈与では特別控除があることも

これについては、ケースバイケースですので、一概にどちらが安くすませられるとお答えすることはできません。また、住宅購入にあたっての住宅資金を親から贈与されていた場合の特別控除についての相談もしばしばお受けします。住宅資金の贈与税についても、ケースバイケースですし、税法というのは政策によって大きく変化するため、常に最新の情報に照らし合わせて計算することが必要です。こうした税の問題や相続に関する問題は専門的な事柄ですので、素人が判断すると損をしたり、紛争が生じたりすることとなりかねません。

税の法律の知識・計算が不可欠なため相談をおすすめします

住宅資金の贈与税について、相続税について、その他相続に関する問題についてわからないことがある場合には、ぜひ当法律事務所にご相談ください。相続について知識も経験も豊富な弁護士が相談に乗らせていただきます。

この記事を書いた人

平間法律事務所