相続税と贈与税の関係は? 相続対策として贈与をうまく活用しよう!

贈与税は相続税よりも税率が高い

贈与は、相続などが一方的な財産移転であるのに対して、贈る側と贈られる側においてなされる契約です。贈与の中でも、贈る側の死亡が条件となるものを死因贈与といいます。

贈与税とは、そういった贈与において課される税金のことです。贈与によって生前に財産を全て移転してしまえば、相続税の支払いをくぐり抜けることが出来てしまうので、贈与には相続税の税率よりも高い、贈与税が設定されています。贈与税とは、相続税を補完するためのものでもあるのです。

贈与税の控除をうまく活用することで税負担を減らせる

贈与税とは、相続税を補完し、相続税よりも高い税率が設定されている税だと説明しましたが、上手に利用すれば相続対策も可能です。

贈与税には、基礎控除があり、さらには配偶者控除も存在します。基礎控除は相続税の基礎控除と比べて少額ですが、毎年非課税枠が設けられるので、少しずつ贈与することで相続に備えることができます。

高い贈与税がかからないように慎重に 相続対策は弁護士に相談を

一方で、毎年一定額の贈与を続けてしまうと、定期金と見なされて、高い贈与税がかけられてしまうといったケースもありますので、注意が必要です。

贈与によって相続対策を考えている方、贈与について詳しく知りたい方は、ぜひ一度弁護士までご相談頂ければと思います。

この記事を書いた人

平間法律事務所