相続税がいくらか事例を使ってシミュレーション! 基礎控除額を確認しよう

今回は、相続の発生および相続税についてシミュレーションをしながら、相続税について見てみましょう。相続はそれぞれの状況で異なりますが、おおまかな流れや相続税について知り、スムーズな相続を意識することでトラブルの回避にも役立ちます。

相続税は財産評価・控除・税率の順に計算する

財産を所有しているKさん(被相続人)が亡くなってしまいました。Kさんの財産を相続ができる(相続人)のは、奥さんと息子二人だとします。相続税がいくらかかるのかを知るためには、相続する財産をそれぞれ評価する必要があります。

一方で、相続税には基礎控除や税額の軽減措置があります。実は、財産の評価額が基礎控除額を超えなければ相続税はかからず、相続税の申告も必要ありません。逆に、基礎控除を超えて相続する場合はその超えた額に対して相続税がかかり、申告及び納付が義務付けられます。

基礎控除は3000万円+600万円×法定相続人の数

今回のシミュレーションでは、Kさんの法定相続人(法律で定められた相続できる人)は3人(奥さんと息子2人)となります。相続税における基礎控除額は、相続そのものに対して3000万円が、さらに法定相続人1人につき600万円が加算され算出されます。今回の例では3000万円+1800万円で4800万円が基礎控除額となります。つまり、4800万円までの相続であれば相続税はかからないのです。

積極的に控除を利用して相続税を減らそう

相続税には基礎控除以外にも、さまざまな税額軽減制度などがあります。相続税の負担を少しでも減らすためにも、調べてみると良いでしょう。また、不明点はぜひ弁護士までご相談下さい。

この記事を書いた人

平間法律事務所